じぶんたちが考える



line_3.tif

fb.gifFaceBook blogspot.gifBlog  

Image8.jpgImage10.jpg
Image3.jpgy.jpg
Image2.jpgImage13.jpg


「じぶんたちが考える会」の想い

2011年3月11日、日本を地震と津波が襲いました。
そして福島にある原子力発電所が爆発しました。
多くの人がふるさとを失いました。

この事故で、知らされていなかったこと、知らなかったこと、知らんふりしていたことがたくさんあることを知りました。
そして、どうしたらいいのか、何をしたらいいのか、考えながら2年経ちました。

私たちは今、身近で起こっている社会問題や環境問題について、自分たちでもう一度しっかりと考えてみたいとの思いからこの会をつくりました。
私たちと一緒にいろいろなことを基本から勉強してみませんか?

社会学者の宮台信司先生が言っています。「まかせて文句言う社会から、引き受けて考える社会へ」。
誰かにまかせて文句だけを言っていても、何も変わらない。

今、気になっていることは何ですか?
食べている野菜は、お米は、飲んでいる水は、本当に安全なのでしょうか?
本当に電気は足りなくなるのでしょうか?
風や波や土から、電気は作れないのでしょうか?
子どもたちの遊ぶ環境は大丈夫なのでしょうか?

「よくわからない、しかたがない、自分には関係ない」と思う前に、いっしょに見て、いっしょに考えてみませんか?
じぶんたちの周りのことは、自分たちのこととして、じぶんたちが考える。
考えるために必要な情報を集め、話しを聞く。話しをする。
とてもふつうで自然なことが、ここでいっしょにできたらいいな、と思っています。


Image7.jpg東日本大震災チャリティーコンサート 「彩りをとどけよう」


blog_rogo.jpg

info_link.gif

inserted by FC2 system